藤井聡太4冠が先手2六歩、渡辺明王将と王将戦対局開始 7番勝負は初対戦

藤井聡太4冠が先手2六歩、渡辺明王将と王将戦対局開始 7番勝負は初対戦

王将戦7番勝負第1局の前日会見を行った藤井聡太竜王(左)と渡辺明王将

将棋の史上最年少4冠、藤井聡太竜王(王位・叡王・棋聖=19)が渡辺明王将(名人・棋王=37)に挑戦する、「第71期ALSOK杯王将戦7番勝負第1局」が9日午前9時からの2日制で、静岡県掛川市「掛川城 二の丸茶室」で始まった。振り駒は地元の久保田崇掛川市長が行い、と金が3枚で藤井が先手となった。

立会人の森内俊之九段が対局開始を告げると、藤井は静岡名物のお茶をいつものように口に含んで先手2六歩、後手渡辺も後手8四歩とお互いに飛車先の歩を突き出した。

両者の対戦成績は、藤井が8勝2敗と大きくリードしている。昨年、一昨年と棋聖戦5番勝負を戦っているが、2日制7番勝負では初めてぶつかる。

決戦開始前日の8日、両者は現地入り。対局会場の検分や会見、同市内のホテルに移動しての前夜祭などの行事をこなした。

掛川初見参の藤井は会見で、「天守が近くに見えて、落ち着いて良い雰囲気の対局場だと思いました」と印象を述べている。約1カ月、公式戦から遠ざかっているが、初戦を意識して序盤の研究などをしてきたという。

迎え撃つ後手渡辺は王将戦掛川対局で6戦6勝、4年連続6期目の獲得を目指す。「数少ない縁起のいい場所で、いいイメージを持って臨める」と話した。

今年の将棋界を占う注目のシリーズ。持ち時間は各8時間。9日夕方に封じ手を行って初日を終え、10日午前9時から指し継がれる。