トランプ氏ツイッター永久停止に「やっと」米女優ら

トランプ氏ツイッター永久停止に「やっと」米女優ら

トランプ大統領(17年10月1日)

米ツイッターが8日、暴力を扇動するリスクがあるとしてトランプ米大統領のアカウントを永久停止したことを受け、ネット上ではさまざまな声があがっている。

8800万人を超えるフォロワーを持つトランプ大統領のツイート数は5万6000回を超えているが、6日に首都ワシントンDCの議事堂を襲撃した暴徒を「愛国者」と呼んで「愛してる」とツイートするなどしてアカウントを一時凍結された。

一時凍結が解除されると再び自身に投票した7500万人の支持者たちを「偉大な愛国者」とたたえ、「不当な扱いを受けたり、見下されたりはしない」とツイートし、永久停止という最も厳しい措置が取られた。

これに対し、女優ジュリア・ルイス=ドレイファスは、「(ツイッターのCEO)ジャック、なぜこんなに時間がかかったの?」と疑問を呈し、女優ウーピー・ゴールドバーグは「やっと」とツイート。また、「アベンジャーズ」シリーズで知られる俳優マーク・ラファロは「ありがとう」とツイッターに感謝を述べ、「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミルは凍結されたトランプ大統領のアカウントのスクリーンショットに「どう過ごしていますか?」とコメントを添えて投稿している。

一方、トランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏は、「言論の自由はもはや存在しない」「言論の自由が攻撃されている!検閲はかつてないほど起こっている。我々を黙らせるな」と反論。支持者に自身のウェブサイトへの登録を呼びかけている。トランプ大統領は自身のプラットホームの立ち上げを示唆しているが、多くのユーザーが「次はどのプラットホームを使うのか」話題にして盛り上がっている。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)