米保守派SNS、サービス停止のアマゾンを提訴

米保守派SNS、サービス停止のアマゾンを提訴

パーラーの画面(AP)

米トランプ大統領の支持者ら保守派の利用が多いことで知られるSNSのパーラーは11日、米アマゾンがパーラーに提供してきたサービスを停止したことに対し、独占禁止法違反として差し止めを求めて提訴した。

米メディアによると、アマゾンは、パーラーが暴力を助長する投稿に適切に対応していないとし、ホスティング・サービスの打ち切りに踏みきった。これにより利用者はパーラーに接続できなくなっている。パーラーは原則的に投稿のチェックを行わず、利用を拡大してきた。アマゾンの措置を「政治的な敵意」などと批判している。米グーグルと米アップルもパーラーのアプリの配信を停止している。