吉村知事「感染の収束を集中的に」時短営業を要請

吉村知事「感染の収束を集中的に」時短営業を要請

定例会見を行った大阪府の吉村洋文知事(撮影・松浦隆司)

大阪府の吉村洋文知事(45)は13日、府庁で定例会見を行った。政府が京都、大阪、兵庫の関西3府県に新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の再発令について「感染の収束を集中的に行い、2月7日までに感染を大きく抑えたい。ぜひ協力をお願いしたい」と府民に呼び掛けた。

政府の基本的対処方針に沿い、2月7日まで、府内全域で飲食店やバー、カラオケ店などに午後8時までの営業時間短縮を要請する。

他に不要不急の外出自粛や、イベント入場者の上限を5000人とし、屋内は収容率50%以下とすることを求める。劇場や運動施設などには特措法に基づかず、午後8時までの営業とするよう協力を呼び掛ける。