立民泉代表「説明を終了している」CLP問題で第三者委員会設置など否定

立民泉代表「説明を終了している」CLP問題で第三者委員会設置など否定

立憲民主党の泉健太代表はインターネットメディアへの資金提供問題で第三者委員会の設置を否定した(撮影・大上悟)

立憲民主党の泉健太代表は14日午前の会見で、インターネット報道番組を制作、配信する「Choose Life Project(CLP)」に対して広告代理店などを通じ、番組制作費として約1500万円を資金提供していた問題について、第三者委員会などによる調査継続を否定した。

「幹事長に調査を指示をして、幹事長が必要な調査を終え、会見に至った。わが党としての説明を終了している」とした上で「第三者委員会等々が、必要ということではない」と明言した。

12日に西村智奈美幹事長が調査結果を公表し、西村氏は「(資金提供は)福山哲郎前幹事長の判断で行われた。違法なものではないが、公党として適切ではなかった。現時点で福山氏の処分の必要は感じていない」などと釈明した。

また国民民主党と、小池百合子東京都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」が、今夏の参院選へ向けた共闘を加速させている動きについて「国民民主党は一緒に取り組みが、できる政党だと思っている。ぜひ共通のテーブルについて、(参院選の)1人区を中心に力を合わせていく協議を早期に行っていくべき」などと、改めて国民との共闘路線を模索する考えを示した。