エリザベス女王、ヘンリー王子とメーガン妃を尊重

英王室のヘンリー王子(35)と妻のメーガン妃(38)が王室の中心メンバーから引退する意向を表明している問題で、緊急家族会議を開いたエリザベス女王(93)は13日、「2人の希望を理解し、尊重する」と声明を発表した。

女王は一方で「フルタイムの王室メンバーであり続けて欲しかった」と複雑な心境も吐露した。2人が新生活を始めるまで「移行期間」を設けるという。

   ◇   ◇   ◇

女王は英東部サンドリンガムの別邸にヘンリー王子、父のチャールズ皇太子(71)、兄のウィリアム王子(37)を招き、緊急家族会議を開いた。昨年5月に誕生した長男アーチーちゃんとともにカナダ西部のバンクーバーに滞在しているメーガン妃は電話で会議に参加したもようだ。

声明で「今日、私たち家族はヘンリーとその家族の将来についてとても建設的な話し合いをしました」と発表した女王は「2人がフルタイムの王室メンバーであり続けることを望んでいました」と心境を明かす一方で、「若い家族として新しい人生を築きたいという願いを全面的に支持します。より独立した生活を送りたいという2人の望みを理解し、尊重します」と、独立を容認することを明らかにした。

今月8日、ヘンリー王子は、事前にエリザベス女王に相談することなく、王室の中心メンバーから離脱し、英国と北米で生活する計画を発表した。昨年のクリスマスも女王とともに過ごすという慣例を破ってカナダに滞在していただけに、女王の内心は穏やかでなかったに違いないが、9日、緊急家族会議開催を通知した女王は、ヘンリー王子のSNSでの突然の発表から6日で冷静に問題解決した。

ただ、ヘンリー王子一家の警備態勢や費用、王子の持つ「サセックス公」という称号はどうするかなど、決着させなくてはいけない課題は残っている。声明は「ヘンリーとメーガンは新しい生活は公費に頼りたくないという意思を明確にしています」「解決すべき課題は複雑です」と明かし、新生活が始まるまで2人がカナダと英国の両方で過ごすことを認める「移行期間」を設ける方針も示した。