小池都知事が海部俊樹氏悼む「党首としてご指導頂いた」新進党結成に参加

小池都知事が海部俊樹氏悼む「党首としてご指導頂いた」新進党結成に参加

定例会見に臨む小池百合子都知事(撮影・鎌田直秀)

東京都の小池百合子知事は14日、都庁での定例会見冒頭で、亡くなった海部俊樹元首相の死去を悼んだ。

小池氏は衆院議員時代の94年に新進党結成に参加し、副幹事長や党首補佐役も務めただけに「党首としてご指導いただいた。政治家として国民との会話、説得、説明について大変敬意を表しておりました」と語った。 特に、街頭演説での姿が印象的だったと明かし、「人の心をパッとつかむ。それは海部先生だからこそ。お買い物中の奥さま方を『ちょっと、ちょっと』と呼び止めるんですね。そうするとみんな足を止められて、非常に中身のある話をされて聞き入り、引き込まれる」と懐かしんだ。