埼玉ラグビー協会900万円消える 女事務員横領か

県ラグビー協会元職員を逮捕

埼玉県ラグビーフットボール協会の現金約40万円を着服したとして、埼玉県警熊谷署は16日、行田市の派遣社員、寺内めぐみ容疑者(52)を業務上横領の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、協会の事務局員として勤務していた17年6〜9月ごろ、協会名義の預金口座から出金した現金合計約40万円を横領した疑い。署によると、寺内容疑者は容疑を認めており、現金は私的な買い物に使ったという。関係者によると、協会では900万円以上の使途不明金があった。