小池知事4・12までが分かれ道 イベ自粛強く要請

東京都の小池百合子知事は23日、都庁で会見し、新型コロナウイルス感染拡大を受けた都の新たな対応方針を発表し、現在も要請している大規模イベント自粛について、4月12日まで継続することを「強くお願いしたい」と、訴えた。

3月23日から4月12日までの3週間が「オーバーシュート(感染者の爆発的増加)が都で発生するかどうか、大きな分かれ道だ」と、強調した。

東京都では感染拡大の傾向があることが、指摘されている。小池氏は、現在の東京の感染状況の傾向として、海外からの帰国者が増えていることや、感染源が特定されない人がいることを指摘した。

感染が拡大すると、海外の大都市のような都市の封鎖(ロックダウン)になりかねないとも指摘。「感染が拡大すると、社会的隔離策以外、選択肢がなくなる」と述べ、危機感を示した。