小泉環境相、五輪延期論「心中察するに余りある」

小泉環境相、五輪延期論「心中察するに余りある」

閣議後会見に臨む小泉進次郎環境相

小泉進次郎環境相は24日の閣議後会見で、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの延期論が出ていることについて「選考されているアスリートの方、選考過程にある方、それぞれの状況を思うと、心中察するに余りあると思う」と、気遣った。

国際オリンピック委員会(IOC)が、今後4週間のうちに決めるという延期幅や日程については「本当にアスリートファーストというのなら、とにかく早く決めてほしい」と、早期の決定をIOCに要望した。

環境省では、大会に向けて熱中症対策を進めてきた。「そういうことが開催された時に生きる様に、仮に延期となった場合を含めて、どういう応援ができるか今後も考えたい」と話した。