桜庭梨那、聖火走行取りやめに「ちゃんと走りたい」

桜庭梨那、聖火走行取りやめに「ちゃんと走りたい」

桜庭梨那

26日に福島県から始まる東京オリンピック(五輪)聖火リレーで、大会組織委員会が24日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面はランナーの走行を取りやめる方針を固めたことを受け、福島県公募枠ランナーで同県双葉町出身の声優兼女優桜庭梨那(24)が取材に応じ、聖火リレーのやり直しを望んだ。

まだ県から連絡はないとした上で、ランナーの走行を取りやめる方針について「当然だと思います」とした上で「早く五輪延期を決めてもらって、あらためてちゃんと走りたいです」と願っている。

現段階では当面、聖火をランタンに入れて車で運び、祝賀イベント会場を回る「聖火ビジット」という形式に変更される見込み。故郷の双葉町は11年に起きた東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く中、「帰還困難区域」の避難指示が今月4日、初めて一部解除されたばかり。「双葉町に関しては、誰も走らず、ランタンの車移動にしても意味がない。中断すればいいと思っていました」。

さらに「聖火リレーはようやく双葉町に入れるようになったこと、復興していく姿を見てもらえる機会だと思っています。聖火が車移動する様子を見ても、誰も喜ばない。そうしてまでリレーを決行する理由が分からない。謎すぎる」と疑問の声を上げた。