小池都知事、K−1後楽園大会の無観客開催を報告

小池都知事、K−1後楽園大会の無観客開催を報告

K-1後楽園 無観客で開催へ

小池都知事、K−1後楽園大会の無観客開催を報告

緊急会見を開いた小池百合子都知事(撮影・村上幸将)

東京都の小池百合子知事が25日夜、都庁で会見を開き、新たに41人の新型コロナウイルスの感染者が発生したことを受けて、週末の不要不急の外出の自粛を呼びかけた。同知事は会見の中で、22日にさいたまスーパーアリーナで「K−1:WORLD GP 2020 JAPAN 〜ケイズフェスタ3〜」を開催したK−1と協議した結果、28日に東京・後楽園ホールで開催される「Krush.112」が無観客大会として開催されることになったと報告した。

小池知事は「K−1でございますけど、感染拡大の中で、いかがなものかという話があった。28日の後楽園ホールのイベントは、都として状況を踏まえ、開催のご検討を要請した」と主催のK−1実行委員会に対し、都として要請を行ったことを明らかにした。その上で「夕刻に2回目の協議を行い、都に連絡をいただいた。無観客試合で対応すると前向きなご検討をいただいた」と説明した。実行委員会も、公式サイトで「新型コロナウイルスによる肺炎(感染症)の感染を防止するため、東京都と後楽園ホールと協議した結果『無観客大会』として行うことが決定しました。会場でのご観戦を楽しみにされていた皆様にはおわび申し上げます」と報告した。

小池知事は「ライブハウスにも自粛要請を個別に行いたい」と、ライブなどの音楽イベントについても自粛を要請する考えを示した。その上で、個人的な集まりについても「飲食を伴う集まりは、自粛していただきたい。症状が出ない、軽い方が無意識に拡散する危険性がある。自分のことと考え適切な行動を取っていただきたい」と自粛を呼びかけた。【村上幸将】