仲邑菫二段、中学生最初の対局開始 吉原六段が相手

仲邑菫二段、中学生最初の対局開始 吉原六段が相手

仲邑菫二段

囲碁最年少プロの仲邑菫二段(12)が1日、東京・市ケ谷「日本棋院東京本院」で中学生最初の対局に臨んだ。藤沢里菜女流本因坊(22)への挑戦権を目指す、第40期女流本因坊戦本戦トーナメント1回戦、吉原由香里六段(47)戦が午前10時から始まった。

黒番の吉原(旧姓梅沢)は、女流棋聖2期、女流最強位1期を獲得している実力者。同時に1999年(平11)から「少年ジャンプ」(集英社)で連載されていた人気漫画「ヒカルの碁」の監修も務めた。アマチュアへの普及にも熱心で、普及プロジェクト「IGO AMIGO」の幹事でもある。

白番の仲邑は3月29日、小学生最後の対局である第47期碁聖戦予選Cは、インドネシア出身で昨年デビューしたフィトラ・ラフィフ・シドキ初段(18)を圧倒した。小学生時代の通算は51勝26敗、今年に入って13勝2敗と絶好調だ。

15日には二段に昇段。24日には「女流ティーンエージャー棋士トーナメント戦(非公式戦)」でプロ入り初優勝を決め、賞金50万円を獲得した。5つある女流のタイトル戦のうち、女流名人戦こそ予選決勝で上野愛咲美女流棋聖(19)に敗れ、本戦入りを逃したが、扇興杯、女流棋聖戦、女流立葵杯はいずれも本戦入りを果たしており、着実に力をつけている。

本戦トーナメントには上野女流棋聖のほか、謝依旻六段(31)鈴木歩七段(37)ら、24人の新旧実力者がそろい、藤沢への挑戦権を争う。

持ち時間は各3時間。同日夕方には決着の見込み。