官邸で昼食会の坂井官房副長官、野党追及も謝罪なし

菅義偉首相の側近の自民党無派閥グループ「ガネーシャの会」の13人が官邸内で昼食会(1日)を行った問題は5日の参院決算委員会で野党から追及された。

政府が新型コロナの感染拡大防止のため、4人以上の会食の自粛を要請している最中で、公務の場である官邸で政務の会合を行ったことも問題視されている。会合に出席した坂井学官房副長官は官邸規約上も「行政事務の遂行に資する会合は可能。それ自体に問題があるとは考えていない」などと主張した。「批判は真摯(しんし)に受け止め、配慮が足りなかった点を反省する」としたが、謝罪の言葉はなかった。