聖火リレーで出火騒ぎ、トーチ消火後にケース燃える

五輪の聖火リレーで出火騒ぎ

東京オリンピック(五輪)聖火リレーで、使用後のトーチを入れたケースから出火する騒ぎがあったことが6日、分かった。

組織委員会によると、この日行われた愛知県2日目第5区間第1スロット走者のトーチを消火後、熱いうちにケースにしまったため、ケースのウレタン素材が燃えてしまったという。担当者は「火災ではありません」と否定後「人為的なミスによるものです。申し訳ないと思っています」と話した。

×