立憲民主党の泉政調会長が菅首相の認識批判「なぜ第4波を否定するのか」

立憲民主党の泉政調会長が菅首相の認識批判「なぜ第4波を否定するのか」

立憲民主党の泉健太政調会長が会見で菅義偉首相の認識や厚労省職員のコロナ感染を批判した(撮影・大上悟)

立憲民主党の泉健太政調会長は8日の会見冒頭で「なぜ第4波を否定するのか不思議でならない」と、全国的な新型コロナウイルスの感染再拡大について「現時点において、第4波といった全国的な、大きなうねりとまではなっていない」と国会答弁した菅義偉首相の認識を批判した。

東京都が政府に対して「まん延防止等重点措置」の要請を決定したことに「レベルとしては緊急事態宣言レベル」とした上で「猫の目のように感染状況に応じて対策を変えていくと国民、都民からも分からなくなってしまう」と指摘した。

また、厚生労働省の職員ら6人の新型コロナウイルス感染が公表され、全員が3月24日に東京・銀座で、深夜までマスクなし宴会をした老健局に3月末まで所属し、宴会出席者3人が含まれている問題を「言語道断」と糾弾した。

×