ゴーン動画は逮捕前収録 オマーン疑惑は語られず

ゴーン動画は逮捕前収録 オマーン疑惑は語られず

動画の中で無実を訴えるカルロス・ゴーン容疑者

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(65)弁護団の弘中惇一郎弁護士(73)と小佐々奨弁護士が9日午後、都内の日本外国特派員協会で会見を開き、同容疑者が4日にオマーンの代理店側に日産の資金を不正送金し約5億6300万円の損害を与えた会社法違反(特別背任)容疑で東京地検特捜部に再逮捕される前に撮影した動画を公開した。

弘中弁護士は、動画について「4月中旬に予定された肉声の会見が、妨害されるのを懸念して撮ったもの。最初から4月中旬の会見を目指していたものの、4日に逮捕され、ゴーンさんと話し合って今日、公開することにしました」と11日に予定された会見を開くことが出来なかったため、ゴーン容疑者と話し合い、公開したと説明した。

撮影時期については「逮捕よりも少し前のことですから、オマーンルートなどのことは触れていません」とし、4日に逮捕された容疑となった、オマーンの代理店側に日産の資金を不正送金し約5億6300万円の損害を与えた件については、動画内で触れていないと語った。

その上で、弘中弁護士は「検察は残虐な仕打ちで、ゴーンさんに自白の強要をしています。また逮捕の際に行われた捜索で(妻の)キャロルさんの電話、玄関のカメラなど、捜査に関係ないものが多数、押収された」とも言及した。

そして「明日10日に最高裁に特別抗告の手続きをします」と明言。その理由として「保釈中の人の再逮捕がまれであることに加え、最高裁は在所隠滅の可能性は具体的でなければいけないという先例があるので、決めました」と説明した。その上で「特別抗告が受け入れられなければ、10日目に来る勾留の申し立てについて争うことになります」と今後の見通しを語った。【村上幸将】