玉木代表「見識お借りしたい」小沢氏の役割を説明

玉木代表「見識お借りしたい」小沢氏の役割を説明

合流した小沢一郎氏の役割について説明する国民民主党の玉木雄一郎代表

国民民主党の玉木雄一郎代表は9日の両院議員懇談会で、自由党から合流した小沢一郎氏の今後の役割について「(参院選での)党の拡大や、1議席でも多く獲得するため、どんな役職がいいか話し合っている。選挙を意識して見識をお借りしたい」と、選挙対策を念頭に置いた立場への起用に理解を求めた。

小沢氏は要職の打診を固辞したとされ、「一平卒」での活動を強調しているが、玉木氏は「忌憚(きたん)のない意見交換をしている。力を合わせて取り組む体制を構築したい」と訴えた。会合には自由党から合流した議員が初めて出席したが、小沢氏は姿を見せなかった。