吉村知事、医療従事者らに最高20万円分クオカード

吉村知事、医療従事者らに最高20万円分クオカード

吉村知事 医師らにQUOカード

吉村知事、医療従事者らに最高20万円分クオカード

大阪府の吉村洋文知事(2020年5月11日撮影)

大阪府吉村洋文知事(44)は12日、大阪府庁で、会見を開き、「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」について、クオカードを使って医療従事者らに支援金を送ると明かした。

「大阪府新型コロナウイルス助け合い基金」は、医療従事者らを支援するための基金。第1次贈呈額総額は約9億円を予定。2月から4月までの間に5日以上入院患者を受け入れた医療機関などで業務を行った人に送られる。

入院患者を受け入れた医療機関の医師など1人あたりに20万円、検体採取業務を行った医師など、また、感染者の宿泊療養の受け入れに協力した宿泊施設で業務を行った医師など1人あたりに10万円を、クオカードで支援。感謝のメッセージカードとともに送られる。吉村知事は「家にも帰れない、遺書を書いてる人も。そういう人がいてなりたっている。その人に感謝」と話した。第1次贈呈は5月末から順次開始する予定。

クオカード使用の理由について、吉村知事は「スピードがあって早く処理できるから」と説明した。