藤井七段が棋王戦予選 本戦T進出へ2連勝が必要

藤井七段が棋王戦予選 本戦T進出へ2連勝が必要

振り駒の結果を見る牧野光則五段(左)と藤井聡太七段(撮影・松浦隆司)

将棋の第45期棋王戦予選、藤井聡太七段(16)対牧野光則五段(31)戦が15日、関西将棋会館で行われた。藤井の19年度の成績は3戦全勝(未放送のテレビ対局を除く)。

振り駒の結果、藤井が先手に決まった。午前10時、お互いに深々と一礼し、対局を始めた。藤井は飛車先の歩を突いた。初手に時間を使うことの多い牧野は約6分間の考慮で3四歩と角道を開けた。

棋王のタイトルは渡辺明棋王が12年度から保持している。予選トーナメントを勝ち抜いた8人が、シード者と本戦トーナメント(T)で戦う。この日の対局は予選8ブロックの準決勝。藤井は前回に続き、本戦Tに進むには2連勝が必要となる。

持ち時間は各4時間。夜には決着する見込み。