ガンダムを宇宙へバンダイ&東大&JAXA無償協力

ガンダムを宇宙へバンダイ&東大&JAXA無償協力

特別企画「G−SATELLITE宇宙へ」発表会見に出席した左からJAXA宇宙飛行士の金井宣茂氏、東京2020組織委員会スポーツディレクターの室伏広治氏、機動戦士ガンダムの富野由悠季総監督、東大の中須賀真一教授(撮影・近藤由美子)

ガンダムが東京オリンピック(五輪)・パラリンピックに宇宙からエールを送る。2020東京大会組織委員会は15日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、東大との特別コラボによる「G−SATELLITE宇宙へ」を発表。超小型衛星に搭載されたガンダムとシャアザクが宇宙空間から応援する。

ガンダムが宇宙に行くのも初なら、宇宙からエールを送るのも初。地球規模を超えた壮大なプランが動きだす。

   ◇   ◇   ◇

宇宙空間に浮かぶガンダムが、遠く離れた地球上に向けてメッセージを送る。「○○選手、金メダルおめでとう」「素晴らしい試合をありがとう」−。人類の夢を乗せてアポロ11号が月面着陸してから50年、宇宙を舞台に日本を代表するアニメ「機動戦士」が誕生してから40年、誰もが思い描いた未来が、現実になる。

壮大なプランだ。宇宙空間に耐えるガンダムとシャア専用ザクの「ガンプラ」を製作。2体を搭載した10センチ×10センチ×30センチの超小型衛星「G−SATELLITE」を来年3月に国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げる。その後ISSから放出された超小型衛星は地球の周回軌道に入り、開幕前から開催期間中に大会を盛り上げる。

ガンプラの目は五輪カラーの5色に変化し、足もとにはメッセージを伝える電光掲示板を搭載。宇宙空間での2体の活躍を撮影するために、衛星には7台のカメラも設置される。組織委の室伏広治スポーツディレクターは「我々の世代は、みなガンダム好き。宇宙は大きいし、スケール感があって楽しみ」と喜んだ。

バンダイが「宇宙耐久用ガンプラ」を製作し、東大宇宙工学・中須賀真一研究室が超小型衛星を開発、JAXAによって打ち上げ、宇宙空間への放出が行われる。かかる費用は「ざっと億単位」(関係者)だが、すべて無償協力。「オリンピックとガンダムの力はすごい」と、組織委の仕掛け人、天野春果氏は話した。

東大の中須賀教授は「みんなが宇宙に近づく。そんなものにしたい」と話す。「大会エール音声」の脚本を書く富野由悠季総監督も「もうガンダムはファンタジーではない。若い人にもいろいろ考えてほしい」と言った。宇宙空間を秒速8キロで高速移動するガンダムとシャアザクが地球に送る声援。20年東京大会は、ついに宇宙まで巻き込む。【荻島弘一】