なぎさ被告の懲役2年求刑は妥当/若狭弁護士の見解

なぎさ被告の懲役2年求刑は妥当/若狭弁護士の見解

リストバンド型整理券を求め、千葉地裁周辺に並んだ長蛇の列(撮影・村上幸将)

千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)が1月に自宅浴室で死亡した虐待事件で、父勇一郎被告(41=傷害致死罪で起訴)の暴行を制止しなかったとして傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)の初公判が16日、千葉地裁で開かれた。憔悴(しょうすい)しきった様子で、心愛さんについて聞かれた時、涙声になる場面もあった。起訴内容を「間違いありません」と認め、検察側は懲役2年を求刑。即日結審した。判決は6月26日。

  ◇    ◇    ◇

元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は、なぎさ被告への懲役2年の求刑について「妥当」との見方を示した。妻が夫からDVを受けている場合、共犯として起訴するのは一般的に難しいと考えられているというが、今回は勇一郎被告の虐待を止めなかった状況証拠が出てきたため、起訴に至った側面が強いという。夫は傷害致死罪で起訴されたが、なぎさ被告は致死以前の傷害ほう助を問われている上、ほう助は刑を半分にするという刑法上の規定もあり2年の求刑になったようだ。若狭氏は、来月の判決について「執行猶予がつく可能性も少なからずある」とした一方、勇一郎被告については「懲役20年など重いものになるだろう」との見通しを示した。