ZOZO前澤社長「お金必要」所蔵アート作品売却

ZOZO前澤社長「お金必要」所蔵アート作品売却

前澤友作氏

ZOZOTOWNを運営するZOZOの前澤友作社長(43)が所蔵するアート作品2点が16日(日本時間17日)、米ニューヨークで行われた競売大手サザビーズのオークションで、約9億円で落札された。

米ポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルの作品「flowers」は567万4250ドル(約6億2400万円)で落札。予想落札額150万〜200万ドルを3倍近く上回った。また、エド・ルシェの作品「BONES IN MOTION」は242万ドル(約2億6600万円)で落札された。

前澤氏は現代アートのコレクターとしても知られ、17年にジャン・ミシェル・バスキアの作品をサザビーズで1億1050万ドル(約122億円)という史上最高額で落札した。今回の出品は「100万円お年玉(企画)またやるのにお金必要なんだもん」とツイッターで説明した。