トランプ氏来日、警察官1・8万人で過去最大級警備

トランプ氏来日、警察官1・8万人で過去最大級警備

トランプ米大統領(AP)

トランプ米大統領は25日、メラニア夫人とともに来日した。17年11月以来、約1年半ぶりの日本訪問で、令和初の国賓。防弾仕様の大統領専用車「ビースト」が移動する先では交通規制が敷かれた。警視庁は期間中、約1万8000人の警察官を配備。東京都心は過去最大級の厳戒態勢に入った。到着直後の会合では、日米貿易問題の進展に強い期待を表明。安倍晋三首相によるゴルフや大相撲観戦、炉端焼きの「接待攻勢」を前にしても、言いたいことは言う「トランプ流」を明確にした。

   ◇   ◇   ◇

トランプ氏は25日夕、夫人とともにエアフォース・ワンから羽田に降り立った。河野太郎外相が出迎えた。前回来日時は米軍横田基地を利用。羽田への大統領専用機の飛来は久しぶりで、大勢の人がターミナルで機体の着陸を見守った。

羽田から、都心の駐米大使公邸に直行したトランプ氏は、日本の企業経営者らとの会合に出席。日本との貿易について「公平で互恵的なものにしなければならない」と持論をぶち、「(日本との経済関係を)令和時代により強く強固にしたい。心からの願いだ」と述べた。ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長、トヨタ自動車の豊田章男社長とも会話を交わした。

会合後、トランプ夫妻は宿泊先ホテルに入った。観光客らが、めったに見る機会がない「ビースト」をスマホのカメラで撮影。ホテル周辺には警察車両が横付けされ、大勢の警官が配置された。

26日は終日、首相の「接待攻め」が行われる。千葉県茂原市のゴルフ場で、首相と5度目のゴルフをした後は、大相撲夏場所の千秋楽を正面升席に設置されたいすに座り、観戦する。取り組み後には、25日に初優勝を決めた平幕の朝乃山に、史上初の「米国大統領杯」を授与する。ホワイトハウスは、「大統領杯」の大きさは高さ約137センチ、重さ27〜31キロと発表した。

格闘技好きのトランプ氏の望みを受け、首相が提案して実現した相撲観戦だが、日本相撲協会にとっても異例の出来事。当日の国技館は、かつてない厳重警備「トランプシフト」が敷かれる。国技館内の売店で販売するびんと缶の飲料は、カップに移し替えてしか席に持ち込めず、駐車場に近い地下では、大広間でのちゃんこ販売やベビー休憩室も休止。JR両国駅前の駐車場も一時閉鎖され、コインロッカーも使えなくなっていた。

異例ずくめとなりそうな大統領来場。相撲ファンの1人は「千秋楽は手荷物検査で、国技館内に入るのも大変そう」と話していた。