前都議の音喜多駿氏、日本維新の会から参院選出馬へ

前都議の音喜多駿氏、日本維新の会から参院選出馬へ

日本維新の会からの参院選出馬を表明した音喜多駿氏(左から2人目)と、都議の柳ケ瀬裕文氏(同3人目)

今年3月まで都議を務めた音喜多駿氏(35)は3日、国会内で会見し、今夏の参院選東京選挙区(改選6)に日本維新の会から出馬すると表明した。

昨年立ち上げた地域政党「あたらしい党」代表だが、都議時代は情報公開を訴えてきたとして「同じ考えの維新となら、東京を変えられる。厳しい選挙を勝ち、政治は変えられると伝えていきたい」と述べた。都議会で連携してきた柳ケ瀬裕文都議(44)も近く都議を辞職し、同党から参院選比例代表に出馬する。馬場伸幸幹事長は「維新スピリットを東京でも根付かせたい」と、議席獲得に意欲を示した。