羽生善治九段27年ぶり最多勝記録更新「怖かった」

羽生善治九段27年ぶり最多勝記録更新「怖かった」

第60期王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフの永瀬拓矢叡王戦で初手を指す羽生善治九段

将棋の羽生善治九段(48)が4日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた第60期王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフで永瀬拓矢叡王(26)に勝ち、通算勝利数単独トップの1434勝を達成し、故大山康晴十五世名人の最多勝記録を約27年ぶりに更新した。

羽生九段は記録達成について「まぁ、今年に入ってからは結構、大きな目標でしたし、この前の対局は残念ながら負けてしまったので、今日、達成できて非常にうれしいです」と感想を語った。そして6日の王位戦挑戦者決定線に向け「2日後、すぐなんですけど、気力を充実させて次の対局に臨めたらいい」と気持ちを次の対局に向けた。

この日の対局については「まぁ、少し手順を工夫してみたんですが、攻めが呼び込む形になってしまったので非常に怖かった。こっちも、ギリギリの受けのところなので、思い切って受けたところで、どうなるか」と語った。

羽生九段の新記録達成を許した永瀬叡王は「難しかったですけど、差がついてしまったのは残念。攻防に手応えがあるところがあったが、離されてしまった。もう少し、接戦に出来たら」と語った。