お手柄2匹の犬に感謝状、火事を飼い主に知らせる

お手柄2匹の犬に感謝状、火事を飼い主に知らせる

火事知らせた犬2匹に感謝状

お手柄2匹の犬に感謝状、火事を飼い主に知らせる

いち早く火事に気付き、飼い主に知らせて被害を最小限にとどめたとして、埼玉・加須消防署から感謝状を贈られた左からポメラニアンのマロンとあずき(加須消防署提供)

埼玉県加須消防署は6日、加須市内の民家で起きた火事をいち早く飼い主に知らせて一家4人を救い、被害を最小限にとどめたお手柄の2匹のに感謝状を贈った。

感謝状が贈られたのは、ポメラニアンのマロン(オス10歳)とあずき(メス4歳)。2匹は激しくほえて就寝中の飼い主を起こし、異変を知らせた。

  ◇    ◇    ◇

お手柄のマロンとあずきは6日、加須消防署から感謝状とドッグフード3袋を贈られ、涼しい顔で記念撮影に応じた。飼い主の橋本知代子(54)さんは「ワンちゃんなのに表彰していただいて、ありがたいなと思っています」と恐縮した。

橋本さんの自宅で火事が起きたのは4月20日未明。夫と自宅の離れで就寝中だった。隣の部屋にいた2匹が激しくほえる声で目覚めたのは午前0時50分過ぎ。もともと臆病な性格な2匹は物音や人の声に敏感で、この日も雷にそろってほえていたという。「私たちを起こそうと思ったのか火事に驚いたのか分かりませんが、すごいほえ方で。それで目を覚ますと少し焦げ臭く、とび起きて窓を見ると明るく見えたので、すぐに火事だと分かりました」。

外のテラスのひさしが燃えているのが分かり、橋本さんが2匹を抱きかかえ、家族4人で屋外に避難。とび起きてから10分以内に夫が110番通報した。2匹は事態がいったん落ち着くまで、橋本さんの車の中で待機した。

加須消防署によると、母屋と離れ2つで計300m2以上のうち、橋本さん夫妻と2匹がいた離れ約40m2が全焼したが、火事発見が早かったため、被害は最小限にとどまったという。橋本さんは「気付くのが遅れていたら、煙に巻かれていたと思う」と振り返った。

橋本さんはご褒美に、2匹が好きな犬用クッキーをあげたという。「今までお手柄は特にない」とした上で「人の声に反応して、いつもやたら鳴いているだけではないですね。今回はよくやってくれた。助けてもらいました」と感謝した。【近藤由美子】

◆ポメラニアン 原産はドイツ。東欧のポメラニア地方で小型化が進み、18世紀以降、英国で流行。ビクトリア女王の愛犬として知られる。性格は注意深く、活発で主人に対して格別な忠誠心を持つ。体高20センチ前後、体重2キロ前後