刺された祖父、刺した孫とは初対面だった

祖父の首などを刺したとして、警視庁に殺人未遂の疑いで5日に逮捕された住所、職業不詳、馬場法明容疑者(29)が、祖父とは初対面だったことが6日、捜査関係者への取材で分かった。被害者は容疑者の物心がつく前に祖母と離婚した母方の祖父で、容疑者は祖母の再婚相手を祖父だと思っていた。事件当日の2日に初めて実の祖父と対面も、午後7時過ぎに「生活態度とか罵倒されて頭にきて」(馬場容疑者)包丁で祖父の首を複数回、顔などを刺した疑いがもたれている。

城東署によると、馬場容疑者は4〜5年前に実家で暴れて家族から追い出され、職を転々とするも2月で辞め、実家に金を無心したり、暴れるなどしていた。見かねた母が祖父に「息子に困っている」と相談すると、祖父は「何かあったら連れてきて良いよ」といい、2日未明に再び実家で暴れた容疑者を自宅で受け入れていた。祖父は全治4週間のケガを負ったものの一命は取り留めた。