81歳夫運転の車にひかれ妻死亡、踏み間違えか

10日午前9時5分ごろ、兵庫県小野市の総合病院「北播磨総合医療センター」敷地内の駐車場で、駐車しようとした同県加西市、無職黒田哲也さん(81)の乗用車が急な前進や後退を繰り返した。先に車を降りていた妻晴子さん(77)がひかれ、搬送されたが、午前10時28分、死亡が確認された。兵庫県警小野署は、アクセルとブレーキの踏み間違えがあったとみて、自動車運転処罰法違反(過失運転致死)の疑いで黒田さんから任意で事情を聴いている。

署によると、黒田さんがバックした際、縁石を乗り越えて後ろの車に衝突。一度前に出たが、その後、再び急なバックになり、再び後ろの車に衝突。再度、前に出て停止したが、晴子さんが車の下敷きになっていた。晴子さんはこの病院に入院予定だった。駐車場には余裕があり、晴子さんが先に降りていた理由は分かっていない。