コロナ感染の古い党・立花孝志党首「入院する事になりました!」動画アップ

コロナ感染の古い党・立花孝志党首「入院する事になりました!」動画アップ

立花孝志党首(19年9月9日撮影)

古い政党から国民を守る党の立花孝志党首が、新型コロナウイルス感染症の治療のため、都内の病院に入院したことを報告し、家族や関係者らに涙を流して感謝する一幕もあった。

立花氏は11日、「コロナ感染で入院する事になりました!」と題した動画を自身のYouTubeチャンネルにアップ。38度代の発熱や食欲不振が続くなどしていたことから入院したと説明した。

また、自身の娘や姉、母親、さらに元妻からも電話があり、入院を勧められるなど心配されたという。姉と元妻は看護師、娘は薬剤師だといい、「医療に関わっている人たちが周りにいて、僕のことを心配してくれていることがすごく……そこはね、うれしいなぁって、それはすごく感じます。家族を一時、見捨てたような人間ですから。元奥さんなんか一番怒っていると思うんですけどね」と涙する場面も。「これは悲しい涙じゃなくて、本当に恵まれてます」と語った。

×