介護福祉士の男を逮捕 傷害致死の疑い、容疑を否認

今年3月、大阪府茨木市の障害者福祉施設「障がい者サポートセンターしみず」入所者の男性(当時30歳)に暴行を加え、死亡させたとして、大阪府警捜査1課は13日、傷害致死の疑いで、箕面市の施設職員で介護福祉士の伊住祐輔容疑者(40)を逮捕した。

逮捕容疑は3月22日午後11時〜23日午前1時15分ごろ、入所者男性の腹部に乗ったり、首を圧迫するなどの暴行を加え、24日に死亡させた疑い。

「障がい者サポートセンターしみず」担当者によると、男性は重度の知的障がいがあり、2〜3年前から施設を計4回利用。事件があった3月22日は1泊の予定で短期入所した。この日は容疑者と50代女性職員の2人が当直を務めたが、男性は何度も起きて廊下を歩こうとするなど、落ち着いて寝られる状態でなかったため、2人で交代しながら、見守っていたという。

施設の容疑者への聞き取りによると、23日午前1時ごろ、男性が布団に入った。容疑者は部屋を離れて別の場所にいたが、午前1時15分ごろ、男性の様子を確認すると、布団から床にはみ出しており、引き戻そうとしたところ、男性の異変に気付いたという。容疑者は「添い寝などはしたが、強く押したりしていない」などと話していたという。

担当者によると、容疑者は02年に非常勤として採用され、06年に正規職員になった。同施設には職員37人が勤めており、容疑者は現場のサブリーダー的な立場の副主任だった。担当者は容疑者について「穏やかな性格で、冷静に淡々と仕事をしていた。過去にトラブルも一切なく、利用者からのクレームも一切なかった」と話している。