散歩中の園児の列に乗用車が突っ込む、兵庫県の市道

13日午前9時50分ごろ、兵庫県西宮市樋之池町の市道で、乗用車が歩道を散歩していた「のぞみ夢保育園」の園児ら約20人の列に突っ込んだ。西宮署によると、6歳の女児が車の下敷きになって右肩甲骨骨折、5歳の女児が両膝にすり傷を負う軽いけがをした。

西宮署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた同市の無職上田理恵子容疑者(69)を現行犯逮捕した。

署によると、市道は片側1車線の直線。車は右折して対向車線を横切り、Uターンのために駐車場に入ろうとした際、歩道の列に突っ込んだとみられる。園児の列に突っ込んだ後、駐車場脇のクリニックのポールや壁にぶつかって止まったという。

上田容疑者は「事故を起こしたことは間違いない」と認め「病院に見舞いに行く途中に忘れ物に気付き、Uターンするために駐車場に入ろうとした」と供述している。

「のぞみ夢保育園」によると、園児17人と引率の保育士2人が散歩で近くの公園に向かっていたところだったという。