小池都知事、安倍首相イラン訪問歓迎も「ちぐはぐ」

小池都知事、安倍首相イラン訪問歓迎も「ちぐはぐ」

会見を行った小池百合子都知事(撮影・近藤由美子)

東京都の小池百合子都知事が14日、定例会見を行い、安倍晋三首相がイラン訪問中に、イラン沖のホルムズ海峡近くで日本のタンカーが攻撃を受けたことに触れた。

カイロ大卒業で中東情勢について知識を持つだけに「今後、情報戦が行われると思う」と分析。「発言も情報戦の一環。ホットラインは価値がある」とし、安倍首相のイラン訪問を歓迎した。一方で「中東は極めて複雑かつ流動的な地域」とし「米国の意図の橋渡しはそう簡単ではない。(首相訪問の一方で)トランプ大統領が追加の制裁措置を指示するなど、ちぐはぐ感が出ているのは残念」と指摘した。