長岡市3カ月女児殺害、高所から複数回落としたか

新潟県長岡市で生後3カ月の女児が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された母親の同市職員伊藤法子容疑者(31)が自宅内の高い場所から女児を複数回、床に落としたとみられることが14日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、容疑者は「複数回落とした」と供述。長女光ちゃんの司法解剖の結果、頭部が激しく損傷し、頭蓋骨に複数箇所の骨折があることから、2階から落とした可能性もあるとみて調べている。