藤井聡太2冠の対局開始 山崎隆之八段と竜王戦決勝T準々決勝

藤井聡太2冠の対局開始 山崎隆之八段と竜王戦決勝T準々決勝

第34期竜王戦決勝トーナメント、対局に臨んだ藤井聡太2冠(日本将棋連盟提供)

将棋の最年少2冠、藤井聡太王位・棋聖(18)が豊島将之竜王(30)への挑戦権獲得を目指す、第34期竜王戦決勝トーナメントの山崎隆之八段(40)戦が10日、大阪市の関西将棋会館で始まった。勝者はベスト4に進出する。

振り駒の結果、山崎の先手に決まった。午前10時、対局が始まった。山崎は2六歩と飛車先を突いた。藤井はいつものようにお茶を一口飲み、心を落ち着かせてから、8四歩と飛車先を突き返した。

両者の対戦成績は、山崎の1勝0敗。わずか1戦だが、山崎は藤井が負け越している数少ない棋士の1人。山崎はセオリーにとらわれない独創的な指し回しでファンに人気がある。NHK杯や日本シリーズなど棋戦優勝は計8回。今期から順位戦の最上位のA級に初参戦した。

藤井は3日に最年少の18歳11カ月で棋聖のタイトルを初防衛を果たし、最年少九段に昇段した。6月29、30日に開幕した王位戦7番勝負では、挑戦者の豊島将之2冠(31)を相手に初防衛戦に臨んでいて、第1局を終えて0勝1敗。25日に始まる叡王戦5番勝負では、豊島へ挑戦することが決まっている。

持ち時間は各5時間。同日夜には決着の見込み。