藤井聡太王位「序盤から読みを入れて指していく」豊島将之竜王戦へ気合十分

藤井聡太王位「序盤から読みを入れて指していく」豊島将之竜王戦へ気合十分

王位戦7番勝負第2局を前に笑顔も交えて会見に応じた藤井聡太王位・棋聖(日本将棋連盟提供)

将棋の最年少タイトル保持者、藤井聡太王位(棋聖=18)に挑戦者の豊島将之竜王(叡王=31)が先勝した、「第62期王位戦7番勝負第2局」が13日からの2日制で北海道旭川市「花月会館」で行われる。

旭川は初めてという両対局者は12日、現地入りに対局場の検分などの前日行事をこなした。

新千歳空港からJRで旭川というルートを希望した「鉄道大好き」の藤井は、「北海道内の鉄道に乗る機会を得られて良かった。北海道らしいのどかな風景が車窓から広がって楽しい時間を過ごせた。今回はメジャーな路線。機会があったらローカル線も乗ってみたい」と、笑顔を交えながら大一番を前にすっかりリフレッシュして様子だった。

6月29、30日に名古屋市「名古屋能楽堂」で行われた初戦は、豊島の鮮やかな指し回しの前に午後3時35分、104手で敗れた。その直後、今月3日の棋聖戦5番勝負第3局を制して渡辺明名人(37)に3連勝で挑戦を退け、史上最年少でタイトル初防衛と九段昇段を果たした。同6日の順位戦B級1組で久保利明九段(45)、同10日の竜王戦決勝トーナメント初戦で山崎隆之八段(40)にもそれぞれ勝って、今局を迎える。日程は詰まっているが、「昨年の経験があるので、いいペースでこなせている」と意に介していない。

第2局に向け、「第1局は持ち時間を残して早めの決着になってしまつたのが反省点。8時間という持ち時間を有効に使って、序盤から1手1手読みを入れて指していきたい」と、抱負を語った。

対する豊島は、旭川空港から車で移動してきた。タイトル戦での飛行機移動は初めてだ。以前から飛行機に乗ると耳が痛くなる症状があったという。一昨年の王位戦第2局を札幌市(「京王プラザホテル札幌」)で行った際には函館市で1泊し、陸路で移動してきた。昨年1月に鼻の骨を削る手術を受けたことで症状が改善した。「陸路より飛行機の方が楽」と話した。

藤井には過去7勝1敗と圧倒的に分がいい。「あまり気にせずに指しています。棋聖戦で防衛されたのがいい内容で、充実しているという印象です」。

今回は先手番で連勝を狙う。「いつも通り積極的に指していけたら。全力を尽くして良い内容の将棋にして、次につなげる対局にしたい」と、気合を入れていた。

2日制の対局は13日午前9時開始。持ち時間は各8時間で、同日午後6時の時点で手番の棋士が封じ手を行い、初日は終了。14日午前9時に封じ手を開封して、再開される。