藤井聡太王位が豊島竜王と長考合戦!午後7手しか進まず、第2局初日封じ手

藤井聡太王位が豊島竜王と長考合戦!午後7手しか進まず、第2局初日封じ手

第2局 対局室に入室する藤井聡太王位(代表撮影)

将棋の最年少2冠、藤井聡太王位(棋聖=18)に挑戦者の豊島将之竜王(叡王=31)が先勝した、「お〜いお茶杯第62期王位戦7番勝負第2局」(北海道旭川市「花月会館」)は13日午後6時、後手の藤井が42手目を封じ、初日を終えた。

同日午前9時から始まった対局は角換わりに豊島が誘導。昼食休憩(午後0時30分から1時30分)を挟んでの長考合戦となり、午後は7手しか進まないスローペースとなった。お互いにらみ合ったままで迎える2日目は、激しい攻め合いが予想される。14日午前9時に「封じ手」を開封して対局を再開。同日夜には決着の見込み。