「ステイホームオリンピック」の徹底 都医師会の尾崎会長が提言

「ステイホームオリンピック」の徹底 都医師会の尾崎会長が提言

東京都医師会の尾崎治夫会長は東京五輪・パラリンピックを家族などと家でテレビ観戦する「ステイホームオリンピック」の必要性を訴えた(撮影・大上悟)

東京都医師会の尾崎治夫会長は13日の会見で、東京五輪・パラリンピック開催中の新型コロナ対策として「ステイホームオリンピック」の徹底を提言した。

人流抑制の重要性を指摘し、「感染の今の勢いは止まらない」とした上で、大会を家族などと家でテレビ観戦する必要性を強く訴えた。

尾崎会長は現状を「第5波へ向けた段階」として無観客開催も「感染拡大のリスクが、まったくないわけではない」と懸念する。そして「無観客になって余裕ができた分を水際対策とかバブルなどの穴を埋めるためにスタッフを配置してもらいたい」と要望した。