松永さん「過失でない事故あるのでは」過失運転致死傷罪の最大刑期増を提起

松永さん「過失でない事故あるのでは」過失運転致死傷罪の最大刑期増を提起

公判後の会見で涙をこらえる松永拓也さん(右)と義父の上原義教さん(撮影・村上幸将)

東京・池袋の都道で19年に乗用車が暴走し、松永真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃん(同3)が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)罪で在宅起訴された、旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)の論告求刑公判が15日、東京地裁で開かれた。東京地検は禁錮7年を求刑した。

被害者参加制度を使って裁判に参加した真菜さんの夫の松永拓也さん(34)と父の上原義教さんは、この日、心情の意見陳述を行い公判後、会見を開いた。松永さんは禁錮7年の求刑について「過失運転致死傷罪が最大で7年と決められているから、容認というか、ある程度、仕方ないと考えるようにしていますけど、ひと言で過失と言っても、これは過失なのかと呼べる事故もあると思う。最大の刑期を上げる、というのは私は必要だと思う。どう考えても過失でないだろうという事故は、たくさんあると思う」と、過失運転致死傷罪の最大刑期を上げる必要性を提起した。

この日、読み上げた心情に関する意見陳述は「去年の末から1行、書いては涙を流した。やって良かった。やったと思える日が来ると思う」というものだった。4月くらいに大体の形が決まっていたが、6月21日の第8回公判で上原さんが「あなたは(事故から)2年、どう生きてきた、生活してきたんですか?」と質問したのに対し、飯塚被告が「難病であることも分かり、毎日、リハビリしか…薬が効かないんです。運動機能を低下させないよう毎日、やっております。なかなかつらい毎日です」と答えたことで、内容を書き加えたという。

松永さんは「お義父さんが2年間、どう過ごしたかと言われると『リハビリがつらかった』というので盛り込んだ。無罪主張を続ける飯塚被告に、苦しみを知って欲しかった」と語った。

上原さんは「私個人は納得できない」と禁錮7年という求刑について思いを語った。6月21日の公判後には、飯塚被告が事故を起こしたプリウスを製造、販売したトヨタ自動車が「本件の被告人が、車両に技術的な欠陥があると主張されているが、当局の要請に基づく調査協力の結果、車両に異常や技術的な問題は認められなかった」と主張した。上原さんは、そうした点も踏まえ「これほどいろいろな証拠を突きつけられて、それでもなおかつ車のせいにする。心は本当に晴れない。喜べない。むなしさでいっぱい」と吐露した。