「もう選手来ちゃっている」バブル方式の不備を野党追及も丸川五輪相応じず

「もう選手来ちゃっている」バブル方式の不備を野党追及も丸川五輪相応じず

丸川五輪担当相(右)に立憲民主党の逢坂誠二氏からバブル方式や水際対策を徹底する要望書が手渡された(撮影・大上悟)

立憲民主党は20日、丸川珠代五輪担当相に東京オリンピック(五輪)・パラリンピックで新型コロナ対策の「バブル方式」や、水際対策の不備を指摘した要望書を手渡した。

逢坂誠二氏は「政府から虚偽の説明が繰り返されてきた」とした上で大会関係者の外出が事実上、野放しの実態を挙げ、中止、順延の検討を求めたが丸川氏は「もう選手が来ちゃっている」と応じなかったという。

新規入国者は2週間待機が義務付けられているが選手や大会関係者は特例で3日間に免除されている。丸川氏は、プレーブック(大会ルールブック)が守られないようであれば、「14日間に戻す」と逢坂氏らに明言したというが、仮に適用されれば、大会目前で混乱が懸念される。