藤井聡太王位 豊島竜王と第3局開始 19歳初白星&ダブル防衛目指す

藤井聡太王位 豊島竜王と第3局開始 19歳初白星&ダブル防衛目指す

藤井聡太王位

将棋の最年少タイトルホルダー、藤井聡太王位(棋聖=19)が豊島将之竜王(叡王=31)の挑戦を受ける、第62期王位戦7番勝負第3局が21日、有馬温泉(神戸市北区)の中の坊瑞苑(ずいえん)で始まった。

シリーズの対戦成績は1勝1敗。19日に誕生日を迎えた藤井は19歳初白星とともに、棋聖に続き、王位のダブル防衛を目指す。豊島は3期ぶりの王位奪取を狙う。

午前8時47分、白い羽織の和装姿で豊島が入室。同52分、藤井は淡い水色の羽織をまとい、対局場に登場した。

午前9時、立会人の谷川浩司九段(59)が定刻になったことを告げると、お互いに深々と一礼し、対局を始めた。先手の藤井はいつものようにお茶を一口飲み、心を整えてから2六歩と飛車先の歩を突いた。豊島は少し間を置いて、飛車先の歩を突き返した。戦型は両者が得意とする角換わりに進んだ。

両者の過去の対戦戦績は藤井の2勝7敗。王位戦7番勝負第2局では藤井が終盤に逆転勝ち。天敵を相手に長時間の対局で初勝利を挙げた。

対局は持ち時間が各8時間の2日制。1日目は夕方に封じ手をする。2日目は22日午前9時に再開し、夜までに決着する見込み。