藤井聡太王位VS豊島竜王 序盤ハイペースも午後は長考 第3局1日目終了

藤井聡太王位VS豊島竜王 序盤ハイペースも午後は長考 第3局1日目終了

第62期王位戦7番勝負第3局で初手を指す藤井聡太王位(右)、豊島将之竜王(日本将棋連盟提供)

将棋の最年少タイトルホルダー、藤井聡太王位(棋聖=19)が豊島将之竜王(叡王=31)の挑戦を受ける、第62期王位戦7番勝負第3局が21日、有馬温泉(神戸市北区)の中の坊瑞苑(ずいえん)で始まり、午後6時、後手の豊島が66手目を封じて1日目を終えた。 持ち時間各8時間のうち消費時間は藤井が3時間44分、豊島が3時間37分。形勢はほぼ互角だ。豊島がやや優位との見方もある。

開幕局は豊島が快勝し、第2局は藤井が逆転勝ちし1勝1敗のタイで迎えた第3局。午前9時、立会人の谷川浩司九段(59)の宣言で対局は始まった。先手の藤井が選択した戦型は、得意としている角換わり。1歩抜け出せるかどうかのシリーズ序盤のヤマ場でエース戦法の登場だ。

序盤は、お互いが研究手を繰り出し、異例のハイペースで午前中に54手まで進んだ。注目の勝負めしは藤井が「三田牛と淡路玉葱(ねぎ)焼き膳」、豊島が「国産うな重膳」。スタミナをつけて臨んだ午後は、両者とも長考を重ねた。

19日に誕生日を迎えた藤井は19歳初白星とともに、棋聖に続き、王位のダブル防衛を目指す。豊島は3期ぶりの王位奪取を狙う。

2日目は22日午前9時に再開し、夜までに決着する見込み。【松浦隆司】