保護されていた失跡ウガンダ選手が帰国 大使館の職員と成田空港へ

保護されていた失跡ウガンダ選手が帰国 大使館の職員と成田空港へ

ウガンダ代表ジュリアス・セチトレコの足取り

大阪府泉佐野市でホストタウンとして受け入れていたウガンダ選手団のうち、16日に失跡し20日に三重県で保護された重量挙げ選手ジュリアス・セチトレコ(20)について、市は21日、同日夜に成田空港からウガンダに帰国すると発表した。

午後4時ごろ、保護していた警察から東京都内で引き渡しを受けた。市はウガンダ大使館に引き渡し、セチトレコは大使館の職員とともに成田空港へ向かい、帰国の途についた。