五輪ソフトボール会場近くでクマ目撃相次ぐ 五輪期間のため爆竹使用できず

五輪ソフトボール会場近くでクマ目撃相次ぐ 五輪期間のため爆竹使用できず

ソフト会場付近でクマ目撃

五輪ソフトボール会場近くでクマ目撃相次ぐ 五輪期間のため爆竹使用できず

日本対オーストラリア 1回表、指を天に突き上げる日本の選手たち(撮影・河野匠)

東京五輪ソフトボール会場「福島県営あづま球場」(福島市)近くの荒川沿いで21日午前5時20分ごろ、体長約1メートルのクマが目撃された。球場では午前9時から、日本対オーストラリアの試合が行われた。

県によると、クマが発見された場所は球場から約1・8キロの位置。通報を受けた県警が付近を捜索したが、発見には至らなかった。本来、公園内や付近でクマが見つかった場合、爆竹を鳴らし、園内放送を流して注意喚起を行うが、五輪期間中のため、組織委から爆竹使用を止められていた。県や市、県警が周囲の巡回を強化し警戒に当たった同公園内では20日午前7時50分ごろにも、同じクマと思われる目撃情報があった。