藤井聡太王位、豊島竜王と王位戦第3局再開 封じ手は「後手5四銀打」

藤井聡太王位、豊島竜王と王位戦第3局再開 封じ手は「後手5四銀打」

第62期王位戦7番勝負第3局2日目に臨んだで藤井聡太王位(日本将棋連盟提供)

将棋の最年少タイトルホルダー、藤井聡太王位(棋聖=19)が豊島将之竜王(叡王=31)の挑戦を受ける、第62期王位戦7番勝負第3局が22日、有馬温泉(神戸市北区)の中の坊瑞苑(ずいえん)で再開した。

シリーズの対戦成績は1勝1敗。19日に誕生日を迎えた藤井は19歳初白星とともに、棋聖に続き、王位のダブル防衛を目指す。豊島は3期ぶりの王位奪取を狙う。

豊島は前日と同じ和装姿で午前8時48分に現れた。その後、藤井が登場した。両対局者は記録係が読み上げる前日の手順を盤上に再現した。立会人の谷川浩司九段(59)が封じ手を開け、読み上げた。封じ手は「後手5四銀打」。午前9時すぎ、2日目の戦い始まった。

王位戦は全国を転戦し、1局を2日かけて戦う持ち時間各8時間の7番勝負。先に4勝を挙げた方がタイトルを獲得する。持ち時間各8時間のうち消費時間は藤井が3時間44分、豊島が3時間37分。夜までに決着する見込み。