吉村知事過去最多121人も4連休外出自粛要請せず

吉村知事過去最多121人も4連休外出自粛要請せず

吉村知事 4連休自粛要請せず

吉村知事過去最多121人も4連休外出自粛要請せず

大阪府内での感染者数が過去最多となり、注意を呼び掛ける吉村洋文知事(撮影・松浦隆司)

大阪府吉村洋文知事(45)が22日、府庁で記者会見を行い、府内の新型コロナウイルスの感染者数が過去最多の121人に上ることを明かした。府内で1日に確認された数としては4月9日の92人を更新した。1日に100人を超えたのは初めて。吉村知事は「数だけみれば第2波に入っている」と危機感を強めた。

年代別では10〜30代が66%を占め、このうち20代が43%。夜の繁華街関連の感染者は約3割という。府内の新規感染者数は、緊急事態宣言が解除された5月下旬以降、減少していたが、7月に入ってから再び増加。18日は86人、19日は89人で緊急事態宣言解除後の最多を連日更新していた。

23日から始まる4連休については、府民に外出自粛などの要請はせず「唾液が飛び交う3密の環境を避けてください」と感染防止対策の徹底、さらに感染防止対策をとっていない夜の街関連の店舗利用自粛を呼び掛けた。

政府の観光支援事業「Go To トラベル」のついて「必要性はあるが、近畿圏、関東圏といった交流があるエリア内から始めるのが筋だ」と指摘。感染が増加した地域を除外する「基準」を国が示すべきだと強調した。【松浦隆司】