藤井聡太棋聖「常に押されていた」丸山九段に敗れる

藤井聡太棋聖「常に押されていた」丸山九段に敗れる

藤井棋聖 丸山九段に敗れる

藤井聡太棋聖「常に押されていた」丸山九段に敗れる

竜王戦決勝トーナメントで丸山忠久九段と対戦した藤井聡太棋聖(日本将棋連盟提供)

将棋の史上最年少タイトル獲得者、藤井聡太棋聖(18)が豊島将之竜王(30)への挑戦を目指す、第33期竜王戦決勝トーナメント、丸山忠久九段(49)戦が24日、東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた。午前10時から始まった対局は、午後3時43分に同一局面が4回繰り返される千日手が成立。30分後の午後4時13分から先手後手を入れ替えて再開された指し直し局で、午後11時31分、116手で後手の丸山に敗れ、挑戦権も失った。

19日に18歳になっての初戦は黒星。年度内に獲得できそうなタイトルは、7番勝負の挑戦者として連勝中の「王位」と、挑戦者決定リーグ戦が秋から開幕予定の「王将」に限られた。

時間がどんどん減っていった。千日手局で5時間の持ち時間のうち、3時間26分を消費していた。丸山は1時間1分しか使っていない。指し直し局は持ち時間を引き継ぐため、藤井の残り1時間34分に対し、丸山3時間59分で始まった。

それが午後6時の夕食休憩時、35分にまで減っていた。丸山は残り3時間26分。午後9時52分、71手目からは1手60秒未満で指さなければ負ける「1分将棋」で手を尽くし続けたが、丸山の巧みな指し回しに屈した。「常に押されていた気がします」と言うのがやっとだった。

竜王戦決勝トーナメント初戦敗退は、初めて。だが、デビュー1年目の6組から今期の3組まで、史上初の4期連続優勝を果たした。来期は2組で5期連続Vと、1組昇級がかかる。「残念ですが、しっかり反省して来年頑張りたい」と、気持ちを切り替えていた。【赤塚辰浩】