午後は藤井棋聖が先手3五歩と攻め合いに持ち込む

午後は藤井棋聖が先手3五歩と攻め合いに持ち込む

立会人の淡路仁茂九段(右)から木村一基王位の封じ手を見せられる藤井聡太棋聖(左)(日本将棋連盟)

連勝中の藤井聡太棋聖(18)か2冠獲得まであと1勝とするか? 木村一基王位(47)が1勝返すか? 4日午前9時から神戸市「中の坊瑞苑」で始まった、将棋の第61期王位戦7番勝負第3局は5日午前9時から再開された。

持ち時間各8時間のうち、初日の消費時間は藤井が4時間12分、木村3時間34分。2日目となる5日の残り時間は藤井3時間48分、木村4時間26分。

矢倉に組み合った前日を受け、2日目の午前中はしばらくお互い自陣に手を入れる展開が続いた。午後0時30分からの1時間の昼食休憩を取った後、午後2時33分、藤井が先手3五歩と攻め合いに持ち込んだ。以下、藤井が攻めをつなげている。