藤井棋聖・王位、名人戦順位戦で谷川九段と対局

藤井棋聖・王位、名人戦順位戦で谷川九段と対局

史上最年少2冠獲得後、初の対局に臨んだ藤井聡太2冠(日本将棋連盟提供)

将棋の第79期名人戦順位戦B級2組4回戦、藤井聡太棋聖・王位(18)と永世名人の資格を持つ谷川浩司九段(58)との対局が9日、大阪市の関西将棋会館で始まった。史上最年少の18歳1カ月で2冠を獲得後、初の対局となる。

藤井は谷川を憧れの存在と公言し、同じく14歳、中学2年でデビュー。両者は昨年9月、王将戦2次予選決勝で初めて対戦し、藤井が57手で快勝した。約1年ぶり、2度目の対局となる。

午前10時、お互いに深々と一礼し、対局を始めた。先手の谷川は7六歩と角道を開けた。藤井はいつものようにお茶を一口飲んでから飛車先の歩を突いた。戦型は角換わりに決まった。 順位戦は最上位のA級からC級2組までの5クラスに分かれて戦い、A級の優勝者が名人挑戦者となる。昇級には9勝1敗、10戦全勝の好成績が必要になる。藤井は今期の順位戦は3戦全勝。谷川は1勝2敗。

谷川が持つ名人獲得の史上最年少記録は21歳2カ月。これを更新するには、藤井は今後の順位戦をすべて1期で昇級する必要がある。

持ち時間は各6時間。夜には決着する見込み。