小沢一郎氏「ようやく」合流新党誕生に口元引き締め

立憲民主党、国民民主党と無所属議員が合流した新「立憲民主党」が10日、誕生した。新党の代表選と党名選の投開票が行われ、立民の枝野幸男代表(56)が国民の泉健太政調会長(46)を破り、代表となった。149人の衆参国会議員による投票は枝野氏107票、泉氏42票だった。党名選は立憲民主党94票、民主党54票、その他1票で立憲民主党の党名が継承された。

   ◇   ◇   ◇

両党合流を推進した小沢一郎衆院議員(国民)は「ようやく、ここまで来ました」と口元を引き締めた。この日の代表選について「行うべきではない」と反対論を唱えていた。衆院議員を17期務める重鎮は「総選挙が近いから(代表選をやることが)もったいない」と険しい表情だった。小沢氏はその後「政権の受け皿となり得る大きな塊を作るべく全力で活動してきた。その意味で今回の新党結成は大きな前進」などとするコメントを発表した。